森の学校について

 

 学童期の子どもたちのためにシュタイナー教育を取り入れた学びの場をつくってあげたい、という願いを共にする仲間が集まり、2002年4月に開校しました。

 教員には主にシュタイナー教員養成コースの修了者・受講者をお迎えし、学校の運営に関することは会員(保護者およびOBなど協力者)の話し合いによって決定しています。

 

森の学校が目指すもの

 

 子どもはそれぞれに尊い意味を持ってこの世に生まれてきます。そして7歳までは、「世界は善である」という帰依的態度をもって、自分の身のまわりから多くのことを模倣し成長していきます。

 学童期になると、「世界は美しい」という感動や発見が、子どもたちの心を動かしていきます。同時に、良い意味での「権威」としての大人の存在を必要とする時期でもあります。この時期に私たち大人がしてあげられることは、子どもひとりひとりに内在する力を信じ、子どもの心が豊かに成長する環境を整え、そして傍らにいる大人自身がしっかりと「立つ」ことではないでしょうか。

 

 大きな木々の間で、若木たちが育っていく。共に成長し共に生きている。――そのイメージを描いて「森の学校」と名付けました。


活動場所

 

〒146-0091  東京都大田区鵜の木2-41-16 

  みねまち学園文化センター (嶺町幼稚園となり)

東急多摩川線「鵜の木」下車 徒歩5分

※活動の内容や文化センターの都合により、他の場所でおこなうときもあります

※みねまち学園文化センターは嶺町幼稚園の敷地内にありますが、当会と嶺町幼稚園は別団体となっております。嶺町幼稚園での電話対応はおこなっていません。

 

活動日

 

月2回 第1・第3土曜日 午前中

 

【2017年度時間割】

1時間目: エポック授業(3年生)         90分間
2時間目: エポック授業(1,2年生合同)    90分間

    
※2017年度は、季節の会・合同行事などは、不定期で行います。

 

学費(2017年度)

 

月 ¥4,500 (別に年会費¥3,000)

 

 会誌

 

通信「森」を随時発行しています。